客員教員 髙橋 正実 Masami Takahashi

マサミデザイン 代表取締役社長

  • #ビジネス
  • #起業

PROFILE

MASAMI DESIGN co.,ltd 代表取締役 クリエイティブディレクター/デザイナー/コンセプター/プロデューサー
1974 年墨田区生まれ。桑沢デザイン研究所グラフィックデザイン研究科卒業。1997 年 MASAMI DESIGN 創立。

グランドデザイン、ブランディング、コンセプトメイキング、ストーリーメイキング、コンサルティング、未来構想、CI、グラフィック・プロダクト・パッケージ・インテリア・建築空間・等各種分野デザイン、 素材・技術開発、プロデユース等、コンセプトから具体的な内容までをトータルで行なうスタイルで、数多くのプロジェクトにこれまで携わっている。

「全てはつながっている」という発想の元、社会が繋がり、問題が解決され、多くの人が健康的な未来を創造出来る「社会のデザイン」、という発想から、これまで、発想を凝縮し創り出した言葉・概念・方法も多く、今日一般的に使われる様になった言葉には、「ヒト・コト・モノ」「ブランドストーリー」「社会の問題(課題)解決」「特殊印刷・特殊加工」「過去・現在・未来」「マクロとミクロの視点」、未来構想手法としての「未来年表」「逆算思考」等がある。

産業や技術の見える化・将来的役割の構想、Ai・IoT・ロボット構想等、大学研究機関の現場などにも長年携わっている(グローバルIT企業等におけるプロデュース・コンサルタント契約。移動する概念のデザイン。国立大学法人豊橋技術科学大学顧問・寺嶋教授とのスマートホスピタル構想等)。

著書には、5 年に渡る雑誌連載「工場へ行こう!!」における国内産業活性化のために考えたものづくりの可能性と認知広まり活性化への取組みをまとめた『工場へ行こう!!』(美術出版社) がある。

小学校社会科教科書(東京書籍小学校社会 6 年生下巻)では、日本で初めてデザイナーが職業として登場する際に選ばれ、登場・執筆を行った人物でもある。

地球や人の普遍的な可能性の創造を目指した「見えるデザイン×見えないデザイン」の手法で、様々な創造の組み立てで社会を自然に結びつける活動を長年行ってきている。

NYADC(ニューヨーク)、Red Dot Design Award(ドイツ)、D&AD(イギリス)、アジアデザイン大賞(香港)、 日本パッケージ大賞、日本空間デザイン賞、日本サインデザイン賞、すみだものづくり企業大賞、桑沢賞等受賞。
 

同じビジネス分野の
教員を探す

教員一覧に戻る

情報経営イノベーション学部について