専任教員・非常勤教員 久米 信行教授 Nobuyuki Kume

  • #ビジネス

実践的な経営・起業・地方創生の手法を皆さんにお伝えします。

MESSAGE

学生のみなさんへ

私は、創業期ITベンチャー・大手金融機関・家業の老舗国産Tシャツメーカーで、新規事業と新会社の起業を体験し、現在も数社の役員をしています。また、観光地域づくり・文化芸術振興などに関わる公益法人の役員として地方創生・NPO支援にも関わっています。

イノベーションプロジェクトを通じて、ゼロからの創業はもちろん、大企業から家業までの社内起業や、課題解決型の社会起業に取り組む学生向けに、実体験に基づく実践的な経営・起業手法を伝授します。さらに、iUに心寄せる懇意の経営者や専門家と一緒に、みなさんの起業をバックアップします。

地方創生プロジェクトでは、地元墨田区の伝統工芸・町工場見学、銘品名店・商店街めぐり、美術館・コンサート鑑賞などを、できる限り実体験して感性を磨き、その感動をSNSなどで発信します。そして、地元のキーパーソンとネットワーキングしながら、地域と自分のブランド力を高めます。

PROFILE

イマジニアでファミコンソフト「松本亨の株式必勝学」のゲームデザインと飛込み営業。日興証券でAIを活用した相続診断システム開発とファイナンシャルプランナー研修講師。家業の久米繊維工業に戻ってからは、与信管理・デザイン支援システムを構築した後、ネット通販子会社設立など第二創業に取り組んだ。(三代目社長、現相談役)

日経インターネットアワード、経済産業省「IT経営百選」、東京商工会議所「勇気ある経営大賞」などを受賞。2010APEC中小企業サミットでは日本代表としてスピーチを行った。日本発ものづくり提言プロジェクト発起人も務め、全国アパレルものづくりサミットを毎年開催。全国の内外情勢調査会などで、経営者向けにブランディングやICT活用の講演を、年数十回行っている。

地元墨田区では、東京商工会議所墨田支部 副会長、墨田区観光協会 発起人理事、墨田区文化振興財団評議員、新日本フィルハーモニー交響楽団 評議員、北斎コミュニティデザイン実行委員長として、産業・観光・文化の三位一体の地域振興に関わる。合わせて、熱中小学校、地方金融機関などの講師として、全国の地方創生・観光地域づくりも応援している。さらに社会貢献支援財団。NBS日本舞台芸術振興会・日本吟剣詩舞振興会・日本ゲートボール連合の評議員として、多種多彩な公益法人の企画や事業運営に関わる。

教育分野では、2006年から明治大学商学部 兼任講師としてベンチャービジネス論、2017年から多摩大学経営情報学部 客員教授としてビジネスコミュニケーションを教えている。著書は、明大の講義から生まれシリーズ累計20万部を超えるベストセラーとなった「すぐやる技術(日本実業出版社)」など17冊。現在、日経産業新聞SmartTimesに毎月約1回のペースで連載している。

同じビジネス分野の
教員を探す

教員一覧に戻る

情報経営イノベーション学部について