2020年開学予定

(設置認可申請中・仮称)

menu

学長メッセージ

トップページへ

まだないビジネスを生み出せるきみたちが、うらやましい。

中村 伊知哉

i専門職大学 学長(就任予定)

中村 伊知哉

1984年、ロックバンド少年ナイフのディレクターを経て旧郵政省入省。
1998年、MITメディアラボ客員教授。
2002年、スタンフォード日本センター研究所長。
2006年から慶應義塾大学大学院教授。

スマートフォンが生まれて、約10年。手のひらで世界中とコミュニケーションを図れ、写真や動画を撮影して発信でき、買い物もできるようになりました。今もなお、ものすごいスピードで世界が変化しています。私たちの未来は、これからどうなっていくのか。想像が追いつかない状況ではあるものの、そんな時代の変わり目に生きていることを、私はすごくうれしく感じます。頭の中で想像したことを、次々と創造できる時代が来たのですから。

10年、20年後には、今ある仕事の約50%が人工知能(AI)に取って代わると言われています。この話だけを聞くと不安になるかもしれません。でも、私は待ち遠しい。50%の仕事が失われるなら、500%の新しい仕事を創ればいいのです。

i専門職大学は、ICTを活かしたビジネスを実践する場です。アメリカのシリコンバレーのように、産業界と一緒になって学生を育成します。<世界中の産業界から招く約100名の客員教員>、<全員必修のインターンシップ>、<学生時に必ず起業にチャレンジするカリキュラム>など。新たなビジネスやサービスを生み出すための環境を用意します。

今後、私たちの身の回りは、さらにデジタル化していきます。そのとき、ICTを使いこなさなければ、ビジネスは成り立たなくなっているはずです。つまり、ICTはデジタル領域に特化したものではない。AI時代におけるすべての産業で先頭に立つための基本的な素養となるのです。ICTを活かして想像したことを創造していくきみたちに期待すること。それは、私が想像できない新しい仕事を生み出していくことです。ともに未来を見つめながら、世界を変えていきましょう。