NEWS

iU 在学生紹介 vol.2 慶應義塾大学から、iUへ。自分に合った大学を選び直した佐藤功大さん

~在学生紹介 vol.2~
佐藤功大さん(2020年4月入学)

『失敗してもいい』
慶應義塾大学理工学部在籍中に出会ったこのiUの考えに共感し、入学を決意。
2020年4月、iUに入学。
 



■大学入学を決めたキッカケを教えてください
別の大学に在籍中、尊敬する喜多恒介さんにiUを紹介してもらったのがキッカケです。
もともと僕は、就職よりも起業をしたいと考えていたのですが、iUが掲げる『在学中に全員起業にチャレンジ』『就職率0%』というワードが自分の心にとても響いたんです。
そしてiUは『失敗しても良い』とも言っています。僕は失敗してでも色んなことにチャレンジし、成長したいと考えていたので共感!! 通っていた大学では学べないことがiUにはあると感じ、入り直したいという気持ちがすぐに沸き立ちました。


■前の大学で学んでいたことを教えてください
海上都市計画に興味があり、慶應義塾大学 理工学部に入学しました。
海上都市は海面に都市を浮かばせて構成するため、洪水や地震、津波の被害を受けにくく、土地も拡大することができるという構想に中学生の頃から興味があり、海上都市にアプローチできる大学へ進学しました。
実際に入学すると、一人で黙々と作業する時間が多く、自分には向いていないなと感じたのが正直なところです。文転をすることもできましたが、iUで起業するための実践力や知識を身に着けたいと考えました。

しかし、iUへの入学については、当然ながら両親にも友人にも反対されました。
特に親にはかなり反対され、初めて”家族会議”が開かれ、『iUで学びたい』という気持ちを前に出して長い時間をかけて何度も説得しました。
最終的には許してくれ、今iUで学ぶことができています。

日本にはまだ学歴社会があり、学歴が良いほど安定した企業に勤めることができます。そういった意味では学歴は大事だとは思いますが、僕は起業したとしてもそういった会社にはしたくありません。
就職するとしても、学歴ではなく自分の技術やスキル、経験を高く評価してくれるような職場で働きたいと思っています。
なので、iUで学び、力をつけたいと思っています。


 

■iUに入ってみて良かったところはありますか?
授業内容が自分主体なのがすごく良いなと思いました。

入学前、ドワンゴの各務さん(iU専任教員)の模擬授業に参加したのですが、この授業ではブレインストーミングから入り、隣にいた全く知らない参加者の方とグループワークを行いました。
iUを体現するような授業で、他の大学にはない体験でした。あと、入学前なのに文房具の制作プロジェクトを進めている方もいて、『この大学に入ったらこういうことが沢山できるんだ』とびっくりしたんです。

実際にiUに入学してからも、講義を受けた上で、自分で考える時間と、自分の企画や意見を発信して仲間と共有する時間が用意されています。
普通の大学では、教授の講義を学生が一方的に聞くことが多く、受動的になりがちですが、iUでは、自分主体で考える場が用意されているので、講義を通してクリエイティブな企画考案にも繋がっていくのではないかと考えています。
また、講義は最前線で仕事をしている実務家が行っているので、実際の経験談や新しい技術をリアルタイムで聞くことができるのがiUの良い点ですね。


▲佐藤さんが参加した大学説明会では、iU学長・伊知哉さんの講話、iU専任教員・各務さんの模擬授業に加え、
 iU入学を検討する高校生、社会人の方によるiUグッズ制作発表会が行われました。


イノベーションプロジェクト(イノプロ)という4年間必修の授業がとても楽しいです。
イノプロでは、仲間と企画を1から考案して、プレゼンを行います。何もない白紙の段階から自分たちで積み上げていくのが本当に楽しいです。日ごろから不便を感じたものについては解決策を考えることがあったり、新しい技術が好きだったりするので、この授業がピッタリでした。
僕が中学生の頃に海上都市計画に注目したのも、自然災害を解決する新しい技術だったので飛びついたのだと思っています。



■これから取り組みたいことを教えてください。
DIYサークルを作りたいです。他の学生が『学内のカフェスペースのほかに、外にもテラス席やベンチがあったらな』と言っていたので、それなら自分たちで家具を作ったらどうかと。今後、iUの隣には千葉大学のキャンパスができるので、建築/デザインに詳しい学科の方と一緒に連携してやっていきたいと考えています。

他には、連携企業さんともっと活発的にプロジェクトを進めたいです。世界情勢的に難しいところはあると思いますが、現在は学内主体のプロジェクトが多いので、今後は企業との連携をもっとしたいです。実際に連携企業からプロジェクトが来ていたり、客員教員の方々から講義を受けられる『バーチャル研究室』もあるので、積極的に外と繋がっていきたいと思います。

将来起業する際も、1つの事業を長期間続けるということは全く考えていません。日々やりたいことを見つけ、その時やりたいと感じた事業を全力で取り組んでいきます!


■これから進学を検討されている方へのメッセージをお願いします
オープンキャンパスのスタッフとして活動している中で、参加されている高校生にもよく話していることがあります。
人それぞれ、合う合わないは絶対にあると思っています。僕は普通の大学に通いましたが、向いていなかったので、専門職大学のiUに入りました。僕が合わなかっただけで、他の人からは良い大学だと思いますし、どこを魅力に感じるかで意見は変わっていくと思います。
自分で物事を考えて、形にするのが好きなら、iUは合っていると思います。自分の性格や得意なことを分析して、自分に合った大学を見つけて欲しいですね。
これが、どちらの大学にも通ったことがある、僕からのアドバイスです。
 

本お知らせに関するお問い合わせは、下記より連絡をお願いいたします。

お問い合わせはこちら