NEWS

~iU 在学生紹介 vol.17~ 何をやりたいのか考え、実現させるためにiUを選んだ池本太郎さん

~iU 在学生紹介 vol.17~
池本太郎さん(2020年4月入学)


自分のやりたいことができる道を探し、辿りついたiUで自分の強みをみつけ、「軸」をつくることができた。



■iUへの入学を決めた理由を教えてください。
幼い頃から野球一筋の生活を送っていたこともあり、以前からプロスポーツに携わる仕事に就きたいと考えていた中、スポーツに携わる仕事として最初に目指したのはデータアナリストでした。
でもデータアナリストの仕事を知れば知るほど、自分のやりたいことなのかという疑念を持つようになりました。
そこで自分がやりたいことを改めて考えて、プロスポーツというコンテンツとしての面白さを伝えたい、そのコンテンツを活用して人を楽しませたい。ということだと気づいたんです。
それに自分は文系だ・・とも。
そして次に考えた仕事はチームマネジメント。六大学の野球部マネージャーとしてチームを盛り上げ、六大学野球リーグも盛り上げたい!と、六大学を受験することにしましたが、希望する大学は合格できませんでした。浪人することを決意し、野球部マネージャーとしてできることを考えたときに、他の選択肢もあるのではないかと思い、実践的にビジネスについて学べる大学を探していました。
そこから、色々と調べていた時に父親から、iUを教えてもらいました。
『ICT』『ビジネス』『英語』。
プロスポーツの面白さを広めるビジネスをするために必要な学びがiUには揃っている。と思い、急遽進路変更。iUを受験することに決めました。
附属大学へ進まず、自分のやりたいことを実現する大学に出会うために浪人もしたのでここまで長かったですね。
ですが、幼い頃から「何をしたいのか?」「なぜそれを選ぶのか?」を考えさせてくれる環境を与え、見守ってくれた両親のおかげで、iUに出会えたと思っています。


■iUに入学して楽しかったことを教えてください。
毎日大学に来て、同級生や先生、スタッフの方などと接することや2期生や企業の方たちとの新しい出会いがとても楽しいです。そして出会った同級生たちと委員会やプロジェクト通じて、様々な取り組みにチャレンジしたこともとても楽しいです。
そんな毎日の中で特に思い出に残っているのが、去年、学祭である”iU Fes”の企画・運営を行うiUフェス実行委員となり、みんなでイベントを創り、成し遂げたことです。
iU Fesという学祭を開催するということはすでに大学側から用意されていましたが、その中身は何もありませんでした。そこで委員会のメンバーで企画や運営方法などを考え、設計・実施できたことは大きな自信につながりましたね。
iUフェス実行委員会としての活動には、授業で学んだことや連携企業とのプロジェクトに参加した経験なども活かすこともできたと思います。
今年はiUフェス実行委員会の委員長になったので、去年1年間の活動で得た経験を元に、iU生だけでなく地域の方を巻き込んだ楽しいイベントにしたいと思っています。そしてこの活動は自分が思い描く「プロスポーツというコンテンツを活用して人を楽しませる」という将来やりたいことにもつながっていると思うので、より一層頑張りたいと思います。

またiUのある墨田区が開催した、墨田区の課題を解決するアイデアコンペに同級生と参加したこともとてもいい経験でした。入選は逃しましたが、iU客員教員が行うバーチャル研究室でこれをベースとした企画のプレゼンテーションを行う機会がありました。地域活性化に力を入れている吉本興業・大﨑会長の研究室で大崎会長を中心とした吉本興業の方から、貴重なアドバイスをいただけました。このような経験ができるのはiUならではないかと思います。

▲2020年に参加した連携企業・BS11様のプロジェクトでは学生e-sports大会のスタッフとして運営に携わりました。(リハーサルの様子。右が池本さん)


■iUに入学してからの1年間で「成長した」と思う点があれば教えてください。
マネジメント力がついたなと感じています。iUの授業でのグループワークや学内プロジェクトなどでリーダーを務める機会が多くありました。
その機会を通じて、どのようにチームをまとめていくのか、タスクを割り振っていくのかなどを教員の方のアドバイスを踏まえ、実践し学ぶことができました。
それらの経験はiUフェス実行委員会の委員長としての活動や、今参加しているプロジェクトでの活動にも活きています。


▲今春入学した2期生対象としたiUフェス実行委員会活動説明会の様子

また多くのiU生と接することで、考え方の多様性が生まれてきたと思います。
iU生には高校を卒業したばかりの学生だけでなく、浪人して入った学生や社会人経験を持った学生も多くいます。そういった人と接する中で多様な視点の考え方や生き方に触れることができ、多様性を受け入れる考え方に変化していきました。

一番影響されたな。と思う同級生は、岩崎朗さんです。
65歳でiUに入学したという点はもちろん、しっかりとしたビジョンを持ち、それに向かって活動している岩崎さんに出会えたことは大きな意味を感じています。
他にもiUには「芯」を持った学生が多くいます。覚悟をもってiUに入学してきた同級生に、毎日刺激をもらっていますね。

▲墨田区の課題を解決するアイデアコンペで岩崎さん(右下)と一緒に取り組みました。中央は墨田のまちづくりにかかわっている後藤さん。


■2年生となったこの1年の抱負を聞かせてください。
まずはiU Fes2021を成功させることです。
委員長として全体をまとめ、フェスを無事に成功させられるように頑張ります。
また、昨年に引き続き企業連携プロジェクトにも積極的に参加していきたいです。企業連携プロジェクトはiUでしかできない内容もあり、自分の興味のあるプロジェクトには積極的に参加していきたいです。


■大学進学、iUへの進学・学び直しを検討する方へのメッセージをお願いします。
自分の進路を決めるのは自分自身です。
大学のオープンキャンパスは自分自身のキャリアを導き出す絶好の機会です。大学に入ってからの授業やキャンパスライフを体験し、そして徹底的に調べて自分にあった大学を見つけてほしいと思います。

iUは、学生の可能性と向き合い、サポートしてくれる大学です。
やりたいことがある人、これからやりたいことを探す人、iUにはいろんな学びやチャンスがあります。ぜひチャレンジしてほしいと思います。



★その他の学生インタビューはこちらからご覧いただけます★


 

本お知らせに関するお問い合わせは、下記より連絡をお願いいたします。

お問い合わせはこちら