社長になるには?社長になる方法をご紹介します。

将来社長になって自分で経営を行いたいのなら、具体的な方法やポイントの把握が必要です。
社長になるにはあらゆる予備知識や経験、その他さまざまな準備が求められます。

事前に必要な情報収集と経験が、社長になるには大切なプロセスとなるでしょう。
本記事で社長になる方法を確認し、将来に向けての備えを進めてみることがおすすめです。

社長になるにはどうすればいい?

社長になるには、いくつかの方法があります。
複数のパターンを知っておくことで、自分に合ったスタイルを選択できるようになるでしょう。

以下では、社長になる際に考えられる方法について解説します。

起業して自分の会社を設立する

社長になるには、起業して自分の会社を設立する方法が一般的です。
法務局で設立登記を行い、法人設立届出書の提出や各種手続きを行うことで、誰でも社長になれます。

特別な資格やスキルは必要ないため、ただ社長になることは意外と簡単にできるのです。

しかし、ただ起業して社長になっただけでは、何の成果も得られません。
具体的なビジネスプランや世間に発表したいアイデア、それを事業として成立させられるだけの手腕があってはじめて、社長になる意味があるでしょう。

起業して社長になること自体をゴールにするのではなく、「何をするために起業し、何のために社長になるのか」を考えた上で実行することがポイントです。

学生でも起業はできる?

学生の身分でも、問題なく起業は可能です。
むしろ学生のうちから起業に挑戦し、具体的な手順や起業後の大変さを知っておくことには、多くのメリットがあるでしょう。

「起業して〇〇という経験をしました」ということをアピールできれば、就職時に自分への注目を集められます。
もちろん学生のときに起業した会社が軌道に乗れば、そのまま社長として仕事を続けることも可能です。

会社に所属して昇進を重ねる

会社に所属して社員として働きながら、実績をあげて昇進を重ねていくことでも、いずれ社長になることが可能です。
社員として給料をもらいつつ、さまざまな経験をした上で社長になれるため、多くのノウハウを持った状態で会社の経営が行えます。

ある程度基盤ができている会社の社長になれるため、すぐに倒産するようなリスクが少ないのも特徴です。
自分で起業をして会社を設立した場合、無名の状態からスタートとなるため、資金繰りに困ることも珍しくありません。

結果的に短期間で会社を経営するための資金が底をつき、倒産を余儀なくされるケースも多いのです。
その点、会社にいながら昇進した社長になるパターンなら、取引先や販路の確保がある程度成功している状態で経営を進められるため、方針転換などによる大きな失敗がなければ継続して事業を行えるでしょう。

一方で、社員から社長になる方法には、難易度の高さという壁があります。
ただ会社に長く勤めるだけでは、社長になることはできません。

その会社で他者を寄せ付けないほどの成果を出し、会社を成長させる具体的なプランで周囲を納得させ、取締役会で社長就任を認められる必要があるのです。
よほどの才能と努力がなければ、社員から社長へのステップアップは難しいでしょう。

また、社長になるまで長い年月が必要になることも、この方法のデメリットです。
起業のようにすぐ社長になることはできないため、強い意思と忍耐力が求められます。

M&Aで会社を購入して社長になる

近年普及しているM&Aは、企業が他社を合併・吸収するだけでなく、個人で会社を購入することも可能です。
M&Aのなかには数百万円で変える会社も多いため、個人で資金を準備して買い取るケースも増えています。

中小企業など非上場の会社を買い取ることで、その会社の新しい社長として就任できるのです。
もちろん、その会社の事業に詳しくない状態でM&Aを行っても、成功する確率は低くなります。

そのためまずは会社に就職して基本的な事業の流れや経営の本質を学び、その上でM&Aに挑戦するのが一般的です。
自分で一から起業するケースと違い、M&Aで社長になる場合にはその会社の資産や従業員も同時に手にすることができます。

しかし、社員から昇進して社長になるパターンとも違い、自分の存在はその会社にとって「異質」なものとなります。
そのため既存の従業員を納得させられるだけの能力や今後の事業プランを提示できなければ、一斉退職などによって会社が崩壊する可能性もあるでしょう。

せっかく購入した会社が、すぐに抜け殻のようになってしまうケースは決して珍しい事例ではありません。
そのためM&A制度を活用して社長になる場合には、購入予定の会社や事業についてよく調べることが重要です。

社長になるには何が必要?

社長になるには、上記で解説した方法を知るのと同時に、必要なスキルや考え方を把握する必要もあります。
以下を参考に、社長になるために必要なスキル、経験、考え方などをチェックしてください。

マネジメント能力などの知識を学ぶ

社長になるには、マネジメントなど会社経営に欠かせない知識の習得が必要です。
会社経営はひとりで行うわけではなく、役員や各部署の担当者たちと意見を擦り合わせ、組織として動くことが鉄則になっています。

しかし、最終的な判断や意思決定は社長の手にかかっているため、マネジメント能力などに関する専門知識が求められるのです。
社長が自らの意思で決めることを放棄する、もしくは間違った判断ばかりをするといった状況になると、役員や従業員からの信頼を損ないます。

それは社長の解任などの問題提起につながり、結果的にその座を失うことにもなりかねません。
「社長の仕事=ただ部下に指示すること」というイメージを持つ人もいますが、実際にはその会社で誰よりも豊富な知識と充実したスキルが必要です。

必要なスキルや知識は社会人になってからでも習得できますが、学生のうちから学べるものも多いので、積極的に勉強をしておくことがおすすめです。

プログラミングやデータサイエンスなどIT関係の知識も必要

DX化が進む昨今の事情に合わせて、これからの社長にはプログラミングやデータサイエンス、AI(人工知能)などITに関する知識も求められます。
プログラミングによってどんなことを実現できるのか、AIの導入で今の事業から無駄をどれだけ削減できるのかといったことを理解できないと、他の会社に遅れを取ることになるでしょう。

逆に社長がITの重要性に理解を示し、積極的に取り入れていく会社は、これからの時代に適用できる可能性が高まります。
社長になりたいのなら、経営やマネジメントの勉強に加えて、IT関係の知識も身につけておくのがおすすめです。

会社の経営や起業に関する具体的な経験を積む

会社の経営や起業に関する具体的な経験を積んでおくことも、社長になるための準備になります。
知識や理論が頭の中にあるだけでは、実践の場で活かすことができません。

積極的にインターンシップや起業を体験して、その結果を自分の糧として吸収していくことも社長になるためには必要です。
会社の経営や起業に携わることができないと、将来社長になるチャンスが巡ってきても、それを活かすことは難しくなります。

学生のうちからでも経営学を学んだり、マネジメントの具体例を把握したり、起業をしたりといったことは可能です。
少しでも社長として活躍できる人材に近づけるように、積極的に経験を積んでいく姿勢が求められます。

まとめ

社長になるには、さまざまな方法が考えられます。
誰でも会社を起こして社長になることができる一方で、成功するには専門的なスキルと具体的な将来設計が必要です。

情報経営イノベーション専門職大学では、マネジメント(経営学基礎)やビジネスフィールドリサーチなどの授業を通して、ビジネスや経営に関する本格的な能力の向上を支援しています。
640時間にもおよぶインターンシップで、実際の業務を学生のうちに体験できるため、社長になることが目標の人には多くのメリットがあるでしょう。

この機会に、情報経営イノベーション専門職大学の詳細をぜひ確認してみてください。

オープンキャンパス情報はこちら!

オープンキャンパス一覧を見る