起業を学べる大学についてご紹介します。

起業を目指す場合には、さまざまなことを学ばなければなりません。
必要な学習を効率良く行うためには、大学に進学することが一般的ですが、その際には「起業を学べる大学」を選ぶことがおすすめです。

起業を学べる大学には、専門的な環境や充実したカリキュラムが組まれているため、起業に関するノウハウをスムーズに取得・体験できます。
本記事では起業を学べる大学についての情報と、進学のメリットを解説します。

起業を専門的に学べる大学がある?

大学にはさまざまな学部・学科がありますが、近年は起業についてのノウハウを専門的に学べる学校に注目が集まっています。
起業を学べる大学では、生徒全員が起業できるように支援をしたり、アイデアやイノベーションの創出方法を伝授したりといった、独自のスタイルを確立しているのが特徴です。

企業と連携して実際に経営や業務を体験できることも多いため、学生のうちから起業につながるさまざまな経験を積めるでしょう。

一般的な大学でも、経営、企業法、会計・簿記、情報処理(IT関係)などの授業を受けることで、起業に必要な知識を磨くことは可能です。
しかし、それらはあくまで一般的な内容にすぎないため、起業のために応用するには本人の努力とセンスが求められます。

その点、起業を学べる大学では、多くの授業が起業に直結する内容になっているため、効率良く必要なスキルを習得できるでしょう。
将来的に自分で会社を経営したい人や、起業につながるアイデアを持っている人は、起業を学べる大学への進学がおすすめです。

起業を学べる大学に進学するメリット

起業を学べる大学に進学することには、多くのメリットがあります。
以下で解説する内容を参考に、起業を学べる大学ならではのメリットを確認しておきましょう。

起業するための具体的な流れを把握できる

起業を学べる大学では、具体的な起業の流れを把握できます。

実際に起業をするためには何が必要なのか、どんな準備をすべきなのかといった点について、具体的な事例や手法を学べるでしょう。

例えば情報経営イノベーション専門職大学では、起業までのロードマップを軸に、必要な準備や考えるべきポイントを教えています。
実際に生徒全員が起業を行うことを目標としているため、学校の授業の延長で会社の設立を行えるのが魅力です。

起業を志す仲間と出会える

起業を学べる大学には、起業に興味を持つ人が集まります。
同じ志を持つ仲間と出会えるため、切磋琢磨してそれぞれの目標達成を目指せるのもメリットです。

起業に関する情報を交換しあったり、お互いにアドバイスをしてアイデアや事業プランを洗練したりといったこともできます。
一緒に起業する仲間を集めることもできるため、将来的に同じ会社で働くこともできるでしょう。

起業について真剣に考えている人たちがいる環境で学ぶことは良い刺激になるため、自身のアイデアを熟成させることにもつながります。

実際の企業で充実したインターンシップが体験できる

起業を学べる大学の多くが、実際の企業でインターンシップが行える制度を用意しています。
さまざまな企業で経営に関する業務を学んだり、仕事の体験ができたりするため、起業の参考になる情報を収集できるでしょう。

情報経営イノベーション専門職大学では、640時間(約4ヵ月)もの期間を使って、実習先企業で実際の業務に携われます。
ここまでの授業で学んだビジネスやICTの知識をアウトプットし、実践的なスキルを養えるのがメリットです。

インターンシップ先では起業に関するアドバイスをもらったり、顔を覚えてもらって卒業後も関係を継続したりといったことも可能です。
将来の起業に役立つスキルと関係の構築が狙える点は、起業を学べる大学ならではの魅力になるでしょう。

起業やイノベーションのノウハウを持った教員の授業を受けられる

起業を学べる大学には、起業やイノベーションの創出に関するノウハウを持った教員による授業を受けられます。
具体的な事例や実体験を聞けたり、起業に関する疑問や不安を相談したりできるため、一般的な大学では得られない情報を参考にできるでしょう。

起業に関するプロフェッショナルは、国内外問わず大勢いますが、教育に携わっている人は決して多くありません。
そのため本格的な知識と経験を持つ教員による授業を受けられる大学では、そこでしか学べないことをたくさん吸収できます。

レベルの高い教員がいる点は、起業を学べる大学に進学する理由になるでしょう。

情報経営イノベーション専門職大学では、第一線で活躍している専門家を客員教員として大勢招いています。
577名ものプロフェッショナルが、それぞれのノウハウと体験をもとにした授業を展開してくれるため、起業に関する知識を多角的に学んでいけるでしょう。

多くの企業・団体と連携して実際のプロジェクトに取り組める

起業を学べる大学は多くの企業や団体と連携し、学生に対して貴重な体験を提供しています。
実際の企業や団体の事業に参加して勉強ができるため、学生のうちから社会人経験を積むことも可能です。

起業において社会人経験は、重要な情報源となります。
社会人経験が乏しいと、どうしても組織運営の方法を間違えたり、会社の経営者として必要な対応ができなかったりするでしょう。

だからこそ学生の段階で企業や団体のなかで学べる大学には、大きなメリットがあるのです。

情報経営イノベーション専門職大学では、442社の企業・団体と連携して、インターシップ、実務家教員の派遣、起業支援などを行っています。
実際に企業と一緒に新しい商品やサービスを開発する共同プロジェクトをいくつも発足させ、ケーススタディやフィールドワークを実践しているのが特徴です。

例えば近年話題のeスポーツ大会の企画と運営を行ったり、墨田区長に対して区政に関する提案を行ったりと、さまざまな活動実績があります。
さまざまな企業・団体と接しながら実践的なスキルを学べるため、情報経営イノベーション専門職大学で得られることは多いでしょう。

まとめ

起業を学べる大学への注目度は、年々高まっています。
それは実際に起業に成功した事例が多く確認できるようになったことと、就職ではなく自分で会社を立ち上げるという新しい働き方を、社会が積極的に受け入れるようになったことが理由となるでしょう。

これからも起業を行う人は増え、さまざまなアイデアやイノベーションが社会を動かしていくと予想されます。
この機会に起業へのチャレンジに興味があるのなら、起業を学べる専門的な大学への進学がおすすめです。

情報経営イノベーション専門職大学には、起業につながる充実したカリキュラムとハイレベルな教員、実践的なノウハウを学べるインターンシップとプロジェクト参加制度が整っています。
起業に必要な準備を学校に通いながら進められるため、ぜひ詳細をご確認ください。

授業体験が出来るオープンキャンパス情報はこちら!

オープンキャンパス一覧を見る