大学で学ぶプログラミングについてご紹介します。

近年は会社のDX化やさまざまな業務のデジタル化を筆頭に、社会全体でICTを活用する風潮が強まっています。
ICTの活用は既存の事業の効率化だけでなく、新しいイノベーションを生み出すことにもつながるため、その重要性が注目されているのです。

将来起業を志す人も、このICTの活用が一般化する流れに合わせて、大学でブログラミングを学ぶことが増えています。
プログラマーとしての知識を大学で身につけられれば、プログラミングで新しいアプリやソフトを開発し、起業につなげることができるでしょう。

本記事では、大学でプログラミングを学ぶメリットと、起業時に役立つ理由を解説します。

起業の現場においてもプログラマーの需要は高い?

プログラマーという職業は、IT関係の事業に欠かせない存在となっています。
需要の高さは今後も続くことはもちろん、むしろ深刻な人手不足によってさらに加速することが予想されるでしょう。

そのためプログラマーを目指す人は、将来的にさまざまな就職先のなかから自分に最適な会社を選びやすくなります。
プログラマーに必要なプログラミングスキルは多くの業界で必要とされるため、就職だけでなくフリーランスとして独立し、企業案件をこなしていく働き方も考えられるでしょう。

さらにプログラマーの知識は、起業をしたい人にとっても需要の高いスキルとなっています。
積極的にプログラミングスキルを学んで、自らがプログラマーとなった上で、起業に挑戦する人も多いです。

実際に起業についての専門学習を行っている情報経営イノベーション専門職大学でも、プログラミング技術を学ぶためのICT関連授業を多数用意しています。
起業を目指す人とプログラマーの知識・技術は、切っても切り離せないものとなっているのです。

プログラマーの知識が起業にも役立つ理由

プログラマーの知識が起業に役立つことには、以下のような理由が関係しています。
「なぜ起業とプログラミングが関係するのか」といった疑問を解消するためにも、以下の理由をチェックしてみましょう。

 

簡単に新しい事業をはじめられる

プログラマーとして働けるだけの知識があると、簡単に新しい事業をはじめることができます。
例えばプログラミングでアプリやゲームを開発し、ストアで販売して利益を得られれば、それは既に立派な事業として成立しているのです。

プログラミングスキルがあれば、すぐにでもアプリやソフトの開発に着手できるため、上手くいけば大きな利益を獲得できるでしょう。

プログラミングによる起業は簡単にはじめられるため、参戦のハードルが下がる点がメリットです。
商品を仕入れて販売する事業や、実際に自分が現場に訪問して作業をする事業などは、コストや時間的な制約がかかる分、なかなか起業を実現できないことも多いです。

一方で、プログラミングによる起業であれば、パソコンさえあれば誰でも行えます。
「自分もやってみよう」と思えることが、プログラマーの知識が起業につながる理由のひとつです。

自分の手でアイデアを形にできる

プログラマーとして腕が上がってくると、自分の手でさまざまなアイデアを実現できます。
複雑なアプリや特殊な機能を備えたソフトの開発にも挑戦できるようになるため、起業につながる可能性を広げられるのがメリットです。

自分の手でプログラミングが行えれば、細かな修正やバグにも迅速に対応できます。
スピーディな対応は起業した会社の信頼度を高めることにつながり、継続した利益を生み出すきっかけにもなるでしょう。

起業する本人がプログラマーの業務を担当できることは、会社としての体制づくりにも大きな影響を与えます。
会社の代表者がプログラミングに理解があると、一緒に働くプログラマーから信頼されやすく、良好な環境を構築することが可能です。

新人教育などにも自ら参加できるため、起業した会社の規模が大きくなっていく過程においても、プログラミングスキルが役立ちます。

低コストで起業を実現可能

プログラマーのスキルを活かすことは、低コストで起業を実現することにもつながります。
先にも挙げた通り、プログラミングでイノベーションを生み出すには、パソコンがあれば十分です。

オフィスを借りたり、専用機器を導入したりといった、大きなコストがかかる機会は少ないでしょう。
そのため仮に起業に失敗してもリスクが少なく、その経験を活かしてすぐ次の行動に移ることもできます。

プログラミングスキルがないと、具体的なアイデアを軸に起業しようとする場合、外部のプログラマーを雇わなければなりません。
人件費が発生する他、自分が希望する形で商品が完成するかも分からないため、さまざまなリスクを抱えることになるでしょう。

そのため起業を目指す人にとって、現代社会ではプログラマーとしての能力を持つことがおすすめされます。

就職にも応用できる

プログラマーのスキルや実際にアプリなどを作った経験は、就職にも応用できます。
IT系企業に就職する際には、過去の実績としてアピールできるため、新卒でも即戦力として採用される可能性があるでしょう。

一度IT系企業に就職して、プログラマーの業務を学んでから起業する流れも考えられます。
自分のなかに具体的なビジョンを構築して、どのようなプロセスを経て起業するかを明確にするのがポイントです。

プログラマーを経験してから起業をしている人は多い

プログラマー出身の起業家は多く、なかには多大な功績を残している人もいます。
例えばMicrosoftのビル・ゲイツ、Metaのマーク・ザッカーバーグ、Amazonのジェフ・ベゾスなどは、全員プログラマー出身の起業家です。

プログラミングスキルと独自のアイデアを武器に、世界を変えるイノベーションを生み出した先駆者が大勢いる点は、プログラマーと起業が密接に関係している証拠になるでしょう。
今後もプログラマー出身の起業家が、新しいアイデアで驚きの事業を展開する可能性に期待されます。

起業をするならプログラミングスキルだけでは足りない

起業をする際にはプログラミングスキルが役立ちますが、実際にはそれだけでは準備不足になるでしょう。
プログラマーのスキルだけでなく、経営に関する専門知識やマネジメントスキル、ビジネスプランを立ち上げてプレゼンする能力などが起業には必要です。

そのためプログラマーを養成する大学や専門学校に通っても、その後の起業が上手くいくとは限らないのです。

そこでおすすめとなるのが、起業について専門的に学べる大学への進学です。
起業に関するノウハウや具体的なプロセスを学べたり、実際の企業でプロジェクトやインターンシップに参加できたりするため、多くの知識と経験を得られます。

起業を進める際の流れやポイントを、具体的に理解できるでしょう。

まとめ

プログラマーのスキルは、起業においても重要な役割を担います。
新しいアイデアをプログラミングで形にできれば、すぐにでも起業ができるでしょう。

一方で、先にも解説した通りプログラマーのスキルだけでは、起業の成功は難しいです。
情報経営イノベーション専門職大学では、プログラミングなどのICT関連授業も行いつつ、起業に関する専門的なノウハウの伝授を行っています。

生徒全員が起業に挑戦することを目的としたカリキュラムが組まれているため、この機会にぜひ情報経営イノベーション専門職大学の詳細を確認してみてください。

授業体験が出来るオープンキャンパス情報はこちら!

オープンキャンパス一覧を見る