大学で学ぶ【AI】についてご紹介します。

近年はICTに興味を持つ会社が増え、さまざまなIT技術が事業に導入されています。
将来的にはDX化によってさらに企業のIT化は進み、さまざまな業務がデジタルに代替される可能性があるでしょう。

特に注目を集めている技術が、「AI(人工知能)」です。
AIを活用したシステムはどんどん進化し、現在では多くの企業にとって欠かせない技術になりました。

そのため大学でAIを学ぶ機会も増え、起業を目指す人にとっても重要な知識のひとつになっているのです。

本記事では、大学で学ぶAIの詳細と、そのスキルを活かすための方法について解説します。

AIを学べる大学は増えている

今やAIは未来の技術ではなく、私たちの生活に溶け込んでいる当たり前のシステムとなっています。
AIを使って業務を効率化したり、経営の分析に活かしたりといった企業も増え、その導入は現在も広がっているのです。

企業における需要が増加した結果、AIに関する授業を展開する大学も増えました。
AIに関する基礎の他、ディープラーニングやニューラルネットの構造について教える授業が、カリキュラムに組まれている大学も珍しくありません。

情報経営イノベーション専門職大学でも、ICTに関するスキルの一環として、AIに関する授業を行っています。
AIの特徴を理解しつつ、ビジネスに応用する方法や実用化する技術を学習することが可能です。

情報経営イノベーション専門職大学のように、起業に特化した育成を行っている大学でも、AIをはじめとした最新技術に関する授業が導入されています。

それだけAIの汎用性は高く、今後の時代に必要な知識のひとつとして認知されているのです。

AIに関する知識は起業に活かせる

AIに関する知識は、起業の際にも活かすことが可能です。
例えばAIを利用したシステムの開発を行い、それを商品として販売する事業を立ち上げる事例は増えています。

AIは画像・音声の解析や、自然言語の処理などさまざまな分野で使用されています。
その仕組みを応用して新しいイノベーションを創造するケースは、決して珍しいことではありません。

もちろん、単純にAIを導入するだけでは、目新しいアイデアとして注目されるケースは少ないです。
むしろ現代はAIが広く普及しているため、使い方次第では既存のサービスと変わらない見慣れたものになってしまいます。

そのためAIを起業に活かすには、その本質と需要を理解しつつ、既存サービスと比較してまだ実現されていない「隙間」を狙う必要があるでしょう。

AIを活用したスタートアップ企業も増加中

実際にAIを活用して起業を行ったスタートアップ企業も、年々増えています。
海外だけでなく、国内に絞り込んでもその数は増加していて、ますますAIを使った起業が進むと予想されるでしょう。

以下では、近年注目されているAIを活用したスタートアップ企業の事例を紹介します。

Legal Force

「Legal Force」は、契約書の内容をAIに読み込ませ、リスクや不備を指摘・修正してくれるサービスを展開している企業です。
契約書をアップロードするだけで、契約書に含まれている不利な条件や間違いを即座に発見してくれるため、確認業務の効率化と見逃しを防げます。

日本語以外にも対応しているため、今後海外展開を考えている企業にも注目されています。

atama plus

「atama plus」は、AIを活用した教材「atama +」を提供している企業です。
atama +は個別指導の支援を行い、最適化を進めるための学習システムとして活用されています。

学習中に不明な点をAIに聞くことで具体的なアドバイスを得られたり、苦手な部分を特定して重点的に克服のための指導を受けたりできるのが特徴です。
AIによって学習の効率化が実現できるため、生徒たちの成績上昇や、講師を行う社員の負担軽減などにつながると期待されています。

株式会社エクサウィザーズ

「株式会社エクサウィザーズ」は、AIと人事業務を組み合わせたソリューションを展開している企業です。
AIを使って人事データをクラウド上で活用したり、社員ごとのスキルやメンタル状況を把握したり、人事育成や労務管理を効率化したりといったサービスを提供しています。

人事業務は未だ人の手によって行われている部分が多いため、AIを活用したさまざまなアイデアは注目を集めるでしょう。

AIは既存の企業にも多く取り入れられている

AIを活用したイノベーションは、既存の企業にも多数取り入れられています。
例えば企業への問い合わせに「チャットボット」を導入して、顧客からの簡単な質問はAIで対応するケースが増えています。

チャットボットはコールセンター業務の負担を軽減するだけでなく、24時間365日の対応を実現するため、顧客満足度の向上にもつながるでしょう。

その他、手書きの文章をデジタル化する作業にも、AIが応用されています。
過去の文章や情報をスムーズにデータ化できるため、DX化の推進にも貢献しているのです。

このように、AIは既に多くの企業で役立つシステムとなっています。
その流れは今後も加速すると予想されるため、AIを使った新しいアイデアやシステムを開発する起業家の存在に期待が集まるでしょう。

AIのスキルを活かすには起業に関する専門知識が必要

AIの需要の高さは、起業をする人にとってチャンスとなっています。
AIができることを理解し、それを組み込むスキルを身につければ、新しい事業をはじめることもできるでしょう。

しかし、AIに関する知識だけを持っていても、起業を成功させることは難しいです。
起業に関する専門知識やノウハウ、実際に企業と接した経験などがないと、実用化できてもビジネスとして成立させることはできないでしょう。

そのためAIのスキルを活かして起業をするのなら、「起業に関する知識」もきちんと学ぶ必要があります。

まとめ

AIは現代社会において、なくてはならないシステムのひとつです。
将来的にはさらに多くの業務が、AIに置き換わることが予想されるでしょう。

その流れを後押しするのが、AIを使った新しいアイデアを創造する起業家です。
これから起業を考えているのなら、AIについて学び、その必要性とまだ実現されていないサービスの発見に力を入れてみてはいかがでしょうか。

情報経営イノベーション専門職大学では、AIを含めたICTの授業と同時に、起業に関する専門的な指導・支援を行っています。

入学した生徒全員が起業にチャレンジできる環境を構築しているため、情報経営イノベーション専門職大学での経験は将来起業を行うための地盤になるでしょう。

この機会に情報経営イノベーション専門職大学の魅力を、ぜひチェックしてみてください。

授業体験が出来るオープンキャンパス情報はこちら!

オープンキャンパス一覧を見る