大学で学ぶ【データサイエンス】についてご紹介します。

さまざまなIT技術・知識がビジネスに応用されている昨今、「データサイエンス」の活用にも注目が集まっています。
データサイエンスを活用することで、膨大なデータの解析・分析から、より説得力のある予測ができるようになります。

そんなメリットのあるデータサイエンスは、多くの大学で学ぶことが可能です。
これからは大学で学んだデータサイエンスの知識を活かして、就職先で活躍したり、起業を行ったりすることが当たり前になるでしょう。

本記事では、大学でデータサイエンスの授業が増加している理由や、活用方法について解説します。

データサイエンスとは?

データサイエンスとは、データ分析に関する学問、およびデータから有益な情報を引き出すための手法を指します。
統計学、数学、AI分析といったさまざまな分野の知識を応用し、膨大なデータから重要な価値を見つけ出せるのが特徴です。

ビジネスでは蓄積されたデータをもとに分析・解析を行い、発見した課題や問題に対して、解決策を提示するといった方法で使用されます。
簡単なデータ分析であれば人間の手でも行えますが、近年はインターネットの発達をはじめとした情報化社会の到来によって、ビジネスの現場で活用されるデータ量は膨大な数に増加しています。

そのため人の手で全てのデータを確認・分析することは困難となり、結果的にデータサイエンスの重要性が高まっているのです。

データサイエンスを学べる大学は増加している

データサイエンスはあらゆる業界・業種で活用できる手法であることから、近年は専門的な授業を設ける大学が増えています。
2017年に国内ではじめて滋賀大学にデータサイエンス学部が誕生して以来、横浜市立大学や武蔵野大学などでも関連する学部や学科が新設されているのです。

2023年には一橋大学がソーシャル・データサイエンス学部・研究科(仮称)を新たに設立すると発表していて、今後も有名大学がデータサイエンスの専門授業を展開することが増えると予想されるでしょう。

情報経営イノベーション専門職大学でも、ICT部門の授業にデータサイエンスを採用しています。

授業では数値、画像、時系列などの情報を参考に、特徴の把握やビジネスシーンで必要とされる活用方法を学びます。

具体的な事例を参考に学習が進められるため、データサイエンスの活用手段およびメリットを理解できるでしょう。

ビジネスでデータサイエンスを活かす方法

具体的にビジネスの現場でデータサイエンスを活かす方法には、さまざまなパターンがあります。
以下を参考に、ビジネスでデータサイエンスがどのように活用されているのかをチェックしてみてください。

顧客のニーズや行動を予測する

データサイエンスによる解析・分析は、顧客のニーズや行動を予測するために活用できます。
例えば特定の条件下にいる顧客が「どのような商品を求めているのか」といったニーズを、膨大なデータを分析して導き出すことが可能です。

分析結果を参考にすることで、具体的な商品開発に活かしたり、マーケティング手法を選択したりといったアクションを起こせるようになります。

また、年齢、性別、年収などによって顧客を分類し、それぞれのデータを分析して行動予測を行えるのもデータサイエンスの特徴です。
どのような行動から商品の購入につながるのかなど、具体的な行動パターンを予測できるため、それに合わせてビジネスを展開できるようになります。

人事の採用業務を効率化する

データサイエンスは、人事の採用業務でも活用されています。
過去の採用データを分析することで、どのような人材の離職率が高いのか、どんな人材が自社とマッチしやすいのかを具体的に把握可能です。

人事採用におけるミスマッチを防げるため、コスト削減や業務の効率化につながるでしょう。
人事採用は担当者の経験や直感などに比重が置かれる分野でしたが、データサイエンスの普及によって今後は説得力のあるデータの活用が重視される可能性が高いです。

データの重要性を社内で共有する

データサイエンスは、データの重要性を社内で共有するためにも活用できます。
現代の企業はDX化の推進などによって、デジタル媒体やデータを使うことが増えています。

その一方で、昔ながらのビジネススタイルを崩したくないと考える従業員も多く、データではなく経験や主観を重視して業務を行ってしまうケースもあるのです。

社内で仕事のやり方が分裂してしまうと、さまざまな弊害が生まれます。

そこでデータサイエンスによって、データ分析の重要性やメリットを共有し、同じスタイルで仕事ができる環境を構築することが重要視されているのです。
データサイエンスには既に多くの実績があり、活用事例も豊富です。

そのため従業員にデータサイエンスの重要性を伝えることは、決して難しくないでしょう。

データサイエンスの知識は起業にも活かせる

データサイエンスの知識は、起業の際にも活かされます。
起業時に主軸となるビジネスや商品にどれだけ需要があるのか、どんな形態でのサービスが求められているのかなどといった情報は、データサイエンスを使って分析可能です。

分析結果を参考にして起業後のビジネスプランを見直したり、より説得力のあるプレゼンを行って起業仲間を引き込んだりといったことにつながります。
起業を失敗しないための備えができる点や、具体的な起業プランを構築できる点が、データサイエンスを活用するメリットです。

起業する際にはデータサイエンスの知識を最大限に活かして、アイデアやビジネスプランをしっかりと分析することがポイントです。

データサイエンスにプラスして起業に関する知識も学ぶ

データサイエンスの知識は起業に役立ちますが、それだけでは新しい事業を成功させることはできません。
本格的な起業の知識やプロセスを理解できてはじめて、データサイエンスを活用した新ビジネスの成功が近づくでしょう。

起業に関する知識を学ぶのなら、情報経営イノベーション専門職大学のような特化した授業と支援を行っている大学への進学がおすすめです。
情報経営イノベーション専門職大学では、起業に関する知識の習得だけでなく、さまざまな経験を通して具体的な事業展開の方法を学ぶことができます。
多くの企業・団体と連携し、インターンシップや共同プロジェクトの発足などが行えるため、起業につながる数多くの体験ができるでしょう。

情報経営イノベーション専門職大学なら、データサイエンスと起業の勉強が同時に行えるため、効率良く起業に必要な知識を得ることが可能です。

まとめ

データサイエンスは、ビジネスの現場で活用されるIT技術・知識のひとつとなっています。
今後もデータサイエンスを応用したビジネスが展開され、新しい需要の確立や利益の拡大を支援するでしょう。

起業においてもデータサイエンスは重要な役割を担い、イノベーションの創出に役立ちます。
これから起業を考えているのなら、データサイエンスなどのICTを学べる大学に進学し、現代に合った起業方法を実現できるように備えるのがおすすめです。

授業体験が出来るオープンキャンパス情報はこちら!

オープンキャンパス一覧を見る